ウェディングドレスを着るのが夢という人は少なくありません。
幼稚園の女の子の夢は、白い素敵なドレスを着ることというパターンが多いようです。
ウェディングドレスを着た幸せな花嫁は、女性の憧れと言っても過言ではありません。
そんなウェディングドレスはどんな種類があるのでしょうか。
ウェディングドレスの種類は形状によって分けることができます。
Aラインやプリンセスライン、マーメイドライン、エンパイアラインなどがあります。
Aラインのウェディングドレスは、腰の切り替えからまっすぐスカートが裾までのびているタイプのものを指します。
大文字のAのような形となっており、体型に自信のない人でも着用できる形と言っていいでしょう。
特にこのAラインは着る人を選びません。
やせ形もぽっちゃり体型も背の低い人も高い人も似合うウェディングドレスです。
また、脚長効果もあるので、スタイルがよく見えるのもポイントです。
トレーンが長いものでは教会や階段がよく似合い、レースをふんだんに取り入れたものは清楚なイメージがあります。
プリンセスラインは名前のとおり、お姫様が着用するようなウェディングドレスです。
ふんわりとしたスカートが特徴であり、その秘密はなかにあるパニエです。
パニエは下着の一種であり、スカートのボリュームを出すために欠かせないものです。
このパニエの種類によっても、プリンセスラインのウェディングドレスの印象が異なってきます。
そのため、ドレス選びだけではなく、パニエもよくよく選んでおきましょう。
なかには備えつけのパニエもあるので、ぜひとも理想のプリンセスラインを目指したいものです。
プリンセスラインはゴージャスなイメージがあり、披露宴でも大活躍をすることでしょう。
お腹まわりがレースで目立たないタイプがおおいので、マタニティ婚をする人でも着用することができます。
マーメイドラインはまるで人形のような形状のウェディングドレスです。
腰のくびれから流れるような曲線が特徴であり、女性が持つ優美さやセクシーさを存分に取り込んだドレスと言っていいでしょう。
身長が高めの人や細めの人が似あいます。
エンパイアラインはI型のフォルムであり、すらっと流れるようなラインが特徴です。
まるでギリシャ神殿の女神のようなイメージのウェディングドレスです・こまわりが利くデザインなので、二次会などのシーンでも、存分に活躍をすること間違いナシと言っていいでしょう。